フォントのダウンロードは、必ず『作者のサイト』から。

*理由
フォントの作者のサイトとは別に、そのフォントを配布しているサイトというのは、『フォント作者に無断で、そのフォントを再配布していることがある』からです(ただし、Vectorなどのソフトライブラリは例外)。

フォントをダウンロードするときは、必ずそのフォントの作者のサイトからにしましょう。
どれが作者のサイトかわからない!という場合は、サイト内の説明をよく読んで確認してください。
たいていは、『オリジナルのフォント』である、または『自分が作ったフォントである』という表記があれば、フォントの作者のサイトと見て間違いありません。
それを曖昧(あいまい)にしたまま、フォントをダウンロードするのは×です。


フォントアーカイブサイトからはフォントをダウンロードしない。

*理由
製品・シェアウェア(有料)、無断2次配布(無断再配布)のフォントが含まれていることがある』からです。
フリーフォントかと思ってダウンロードしたらシェアウェア(有料のフォント)だった、ということがよくあるので危険です。

上の理由から、フォントアーカイブサイトは、他の人にすすめたり紹介するのも×です。


フォントアーカイブサイトとは。

『フォントアーカイブサイト(フォントコレクターサイト)』とは、いろんな出所(作者)のフォントを集めて配布しているサイトのことを言います(※多くは外国のサイトです)。
つまり、そのフォントの作者とは別に、フォントを再配布(2次配布)しているサイトということになります。

アーカイブサイトを利用することの問題点

良心的なアーカイブサイトでは、作者さん公認の配布の場であることも稀(まれ)にありますが、そういった一部の例外の他は、アーカイブサイトからフォントをダウンロードして使うのは、どうしても問題があります。

なぜなら、それを見極めるのは、素人にはものすごく難しいからです。

少なくとも、そういった事情を理解した上で、英語(または外国語)をきちんと読むことができなければ、アーカイブサイトを利用すべきではありません。

ひとつもどる TOPへもどる 次へすすむ






inserted by FC2 system